スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっっっっっっっっっさ暇。

というのも、今新幹線に乗っている。

ちょっとした仕事。

その帰り。

以前仕事で行ったときは帰りは恐ろしいくらいクタクタで座ってすぐに二時間寝たもんだが。

別に今回、いや疲れたけど大したことない。

読みかけの本合わせて六冊も持っていったのにまさかこんな早く読み終えるとは。

ここまで退屈なのはいつぶりだろうか。

僕が遠出するには必ず理由がある。

ぶらり途中下車の旅は絶対にしない。

いやしたいけど向いていない。

今ですら景色を楽しめずに退屈しているんだから。

何にしても遠出するには理由が絶対にある。

基本、仕事だ。

欲しいものがその場所にあるとかそんな程度では動けない。

時間もお金も僕の満足度と釣り合わないし。

だからこそ理由のある遠出に退屈するなんてことはなかったのだが。

退屈とは何か。

したいことの無い時間のことだ。

だが行動は制限されている。

だから余計退屈なんだ。

多分、五才の頃に味わった、船の中での退屈感。

いまさらになって味わうとは思わなかったけど、ちょっとだけ懐かしい。

仕事をはじめていろんな場所に足を運んだ。

始めてみるものばっかりだったし、退屈はしなかったから。

退屈したら終わりかなと思ってたけど。

終わりと思ってた所に懐かしい感覚があるとは。

やっぱり何でも、長くやってみるものだと感じた、新幹線の通路側の席。

ケツ痛いわぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。